レンジフードクリーニング

内部までお掃除って…、なかなか出来たもんじゃ〜ありません。

ベタベタ油…、いやですね…。特に換気扇の油汚れは、奥さまのタイテキです!
でも、キッチンは毎日使う場所だから、いつもキレイにしていたいものです。

手にとどく所や、目にはいる範囲なら、お掃除もカンタンにできたりもしますが、
このフードタイプの換気扇…、お掃除がちょっと、大変だと思いませんか?

今は、ほとんどと言っていいほど、このフードタイプが主流となっている換気扇、
以前のような、ひもを引っぱると、クルクルとプロペラが回る換気扇でしたら、
わりとお掃除も簡単でした。でも、フードタイプになるとどうでしょう…?

手のとどく所はお掃除ができても、内部はどうやって掃除をしたらいいの…。と
お困りの方が、たくさんいらっしゃると思います。さらには、内部がどうなって
いるのか見たこともないって方もいるのでは?

そこで、内部がどうなっているのか気になるあなたへ、ちょっと説明いたしますね!

フードの型・大きさが違っても内部はこんな感じです。

◇ フードタイプの換気扇は、型や大きさが
  違っても、カバーやアミを外すと内部は
  だいたい、こんな感じになっています。

  この銀色の筒みたいな物が、真上に
  付いていたり、横向きになっていたり、
  なかには、プロペラの換気扇が付いて
  いたりする物もあります。


◇ この銀色の、筒みたいな物のなかにある
  リスが廻しているようなもの…、これを
  シロッコファンといいます。いままでの
  プロペラの換わりになります。

  スイッチを入れると、これがゴォ〜〜と
  まわって、空気が銀色の筒を通って、
  屋外に排出されて行くと言うわけです。


内部を掃除しないと…、こんなことになっちゃいますよ!

内部はこんな感じになっています。が…、でもこの内部は、
お掃除が出来ないから…って、ほったらかしに
していると、大変なことになってしまいます。

ご想像のとおり、空気といっても換気している空気です。
油やホコリを含んだ空気です…、それが毎日屋外へと流れます。

最初はきれいな内部も、月日と共に汚れてくるのは当然のこと!
それでも掃除をしないで、ほうっておくと…、こんなふうになります。

◇ これは、シロッコファンを外した筒状の内です。
  銀色だった筒状の物も、いつの間にかコガネ色
  になり、その内部は…、ごらんのとおりです。

  こんな事とは知らずに、毎日スイッチオ〜ン!

  シロッコファンが、ゴォ〜〜ッと廻りだし、
  この油を、あたりかまわず撒き散らすことに…。


換気扇は毎日使う物だけに、お掃除はお早めに!

いかがでしたか?…換気扇の内部は、
ほったらかしていると、このように
大変なことになってしまいます。
また、部品の取外しも大変です。

『こりゃ〜頼まなければ掃除はムリだな!』と
思ったあなた、換気扇は毎日使う物です。
…だから、今すぐご依頼ください!


フードタイプ換気扇お掃除料金は、どんなに汚れていても ¥13,000(税別)です。
ご希望でしたら、壁掛けのプロペラ換気扇も、お掃除いたしますのでご相談ください。

クリーニング後のお客様のご感想です!

家を新築し一年が経ちレンジまわりの換気扇の
汚れが気になっていました。
口コミで福屋さんの話を聞きお願いすることにしました。
当たり前の事ですが約束の時間をキチンと守り丁寧に
作業をしていただき、お陰でピカピカになりました。
まさに、GOOD JOBです。また次回もお願いします。
(上越市国府/S様)

また、五徳やIHクッキングヒーターの焦げ、シンクの水垢などなど、
キッチンの気になる汚れでお困りのさいも、ご遠慮なくご相談ください。

ご依頼・お問合せ・ご相談はコチラから!

 

このページのTOPへHOMEへ戻る

| サイトのご利用にあたって | 個人情報保護方針 | サイトマップ |

Copyright © 2009-2011 House Cleaning Fukuya. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載・使用を禁止いたします。